FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
振り返ると、いろいろなことが思い出される1年でした。

お世話になったみなさまに、心から感謝申し上げます。

本当にありがとうございました。


今年、多くの方々と触れ合う中で、

強く感じたのが、“普通”が大切、ということ。


何事も、良い状態と悪い状態とがあって、

「出来れば良い状態であり続けたい」と願うのは、

誰もが同じだと思いますが、

物事には、バイオリズムのような波があって、

良い状態だけが、長く続くこともないし、

悪い状態だけであり続けることもありません。

上がれば下がる。

下がれば上がる。

体調でも、モチベーションでも、何でも一緒。

良い状態だけを求めるのは無理があるし、

仮に、悪い状態にあるからといって、悲観することもありません。



バイオリズムのような波の中で、ふと、自己や物事を見つめ直すと、

実は、良いと悪いの、どちらともいえない状態、

いわゆる“普通”といえる状態がある、ということに気付きます。

良い状態、悪い状態の、

それぞれどちらか一方であり続けることが無いのであれば、

その中間の“普通”の状態が、充実していることの方が、

良い状態が続くことだけを望み、そこにとらわれているよりも、

よほど健全なのではないかと思うわけです。


“普通”って、

一般的には、特別いい響きを持つ言葉ではないかもしれませんが、

実は、“普通”って大切。

“普通”が充実すると、

その時の“普通”は、それまでの“普通”とは

大きく違っていますから。


そういう意味で、今年は、

私自身の“普通”も、

これまでの“普通”とは、大きく変わった1年だったように思います。
(もちろん、いい意味で)

というわけで、来年も、「充実した“普通”」を満喫していこうと思います(笑)



あらためまして、

今年一年、本当にありがとうございました!

みなさまにとりまして、

2015年が良い年になりますように。