FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
下肢に痛みやしびれなどの不調があって、

来院前は、思うように歩けず、

階段も手すりにつかまりながら、

一段一段、決まった側の足からしか

上り下りができなかった女性。


施術を重ねた結果、

通常歩行も階段も普通にこなせるようになり、

今では、歩いて外出することも

楽しめるようになったとのこと。


ときどき、歩いていて体力的にきつくなってくると、

ついついタクシーに乗ろうかと思うこともあるようですが、

そんな時には、こう思うそうです。

「私には、足がある!!」

数年来の不調を乗り越えている方がおっしゃるからこそ、

とても力強い響きをもつ言葉ですね。


はたして、私たちは、ふだん、

自分の足(脚)を「足」として、

その役割を全うさせているでしょうか。

もちろん、車や電車、自転車も便利で必要ですけど、

私たちに足(脚)というものがあるのなら、

ちゃんと使ってあげないといけませんね。