FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
寒冷だけではなくて、暖かい気候も偏頭痛の要因になるようです。

暖かい気候も偏頭痛の要因に=米研究

 [ロンドン 9日 ロイター] 米国の研究チームが9日、暖かい気候や気圧の変化の方が、大気汚染などよりも偏頭痛の原因になる可能性が高いとの調査結果を明らかにした。

 ボストンにあるベス・イスラエル・ディーコネス医療センターのケネス・ムカマル氏と研究チームは、気温が摂氏5度上がるごとに、気温が低かったときに比べ、ひどい頭痛になるリスクが約8%増すとしている。

 同研究チームは、2000年5月─2007年12月の期間で、救急処置室で頭痛や偏頭痛と診断された7000人以上の男女を対象に調査を実施。

 すべての環境要因をテストした結果、病院を訪れる直前の24時間の高めの気温が、頭痛の症状と最も関係が深いことが分かったとしている。気圧の低下も頭痛の要因と考えられるが、気温ほど強い関連性はみられないという。

 医学誌「Neurology」に発表された研究結果では、頭痛を回避するための薬を準備するのに週間天気予報が役立つのではないかと指摘している。

 ムカマル氏は電話インタビューで、因果関係は明確になっていないものの、研究者の間では、気温の上昇が血圧の低下につながること、偏頭痛が脳周辺の血流の変化に関係していることが分かっていると述べた。



記事中の

「病院を訪れる直前の24時間の高めの気温が、頭痛の症状と最も関係が深いことが分かったとしている。気圧の低下も頭痛の要因と考えられるが、気温ほど強い関連性はみられないという。

気温の上昇が血圧の低下につながること、偏頭痛が脳周辺の血流の変化に関係していることが分かっている。

というポイントは、是非ともおさえておきたいところですね。