FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
ゲーム好きな方には朗報?

シューティングゲームで視力の「コントラスト感度」向上、米研究

【3月29日 AFP】テンポの速いビデオゲームで大勢の敵を倒していると視力が向上するとの論文が29日、英科学誌「ネイチャー・ニューロサイエンス(Nature Neuroscience)」に掲載された。

 同研究によると、ビデオゲームが視力に有害だとの懸念を持つ人もいるが、実際には有害からほど遠く、「カウンターストライク(Counter-Strike)」や「コール オブ デューティ(Call of Duty)」、「レフト・フォー・デッド(Left 4 Dead)」などのビデオゲームは、眼科医の呼ぶ「コントラスト感度」にとって抜群のトレーニングになるという。

 コントラスト感度とは、単一色の背景から微妙な濃淡の変化を感知する能力で、夜間の運転や読書など日常生活に必要不可欠である。たいてい、年齢とともに能力が低下する。

 研究者らによると、ネイチャー・ニューロサイエンス誌に掲載された研究結果は、これまでに知られていなかった脳の適応能力を明らかにした。新たな治療法につながる可能性もあるという。

 米ニューヨーク(New York)州のロチェスター大学(University of Rochester)教授で、同研究の主任研究者のDaphne Bavelier氏は、「この能力がトレーニングで向上するとは考えられていなかった」と述べた。

 Bavelier教授は、電話取材に対し、「この能力は、光学レベルで矯正するものと考えられていました。コントラスト感度を上げるためには、眼鏡を使用するかレーザー手術を受ける必要があったんです。でも、そうした矯正を行わなくても、網膜で受けとった情報を脳が有効活用するのを手助けできることがわかりました」と語った。(c)AFP/Marlowe Hood


「テレビゲームで視力が悪くなる」と、私自身も小さな頃からそう言われてきましたが、どうやらそうでもない様子。
ただし、どのゲームでも同じ結果になるわけではないようで、今回の研究報告では、「アクションゲームをプレイすること」によって、視力の「コントラスト感度」向上するようです。
アクションゲームが大好きな方には、朗報のようですが、とはいえ、ゲームのやり過ぎは、目の疲れやドライアイといった症状も引き起こしたりしますので、くれぐれもご注意を。

歳を重ねるごとに、テレビゲーム欲が薄れている私ですが、ごくごくたま~に、ゲームやりたいなぁ~と思うことがあります。
しかし、昔からアクション系は、あまりプレイはしないので、私の「コントラスト感度」の向上は期待できそうにありませんね(笑)。

 余談ですが、好きな(得意な)ゲームジャンルは?と問われると、昔から、
 「シミュレーション系。」
 と、即答している私。そのあとの相手方のリアクションが必ず
 「あぁ~…」
 なんですが、これは一体…