FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
「くよくよすんなって。パーッと酒でも飲んで、嫌なことなんか忘れちゃおうぜ!」
なんて会話は、ドラマの中だけでなく、日常的にも出てくるものだと思うのですが、どうも、お酒で“嫌なコト”を忘れることは出来ないようです…。


“お酒で憂さは晴れません”…「嫌な記憶強化」東大確認

憂さ晴らしに、酒の力を借りるのは無駄かも――。東京大学の松木則夫教授(薬品作用学)らが28日、そんな研究結果を発表した。ラットを使った実験で、薄れかけた恐怖の記憶をアルコールが鮮明にする役割を示したという。成果は米国の専門誌に掲載された。

 松木教授らは、ラットをふだんの飼育環境と違う箱に移し、電気ショックを与えた。いったん通常の飼育環境に戻し、翌日、恐怖を与えた箱に戻した。ラットが箱の中でじっと動かない時間の長さから、「恐怖記憶」の度合いを測った。

 再び箱に入れて恐怖記憶を呼び覚ましたラットを2グループに分け、片方にアルコールを飲ませた。すると、酔ったラットは、しらふのグループより、箱の中でじっとしている時間が長くなった。思い出した恐怖記憶が、アルコールによって強められたと考えられるという。

 松木教授は「記憶はいったん不安定になり、徐々に固定していくとされる。嫌なことを忘れる奥の手は、おぼろげなうちに、楽しい記憶で上書きしてしまうこと」と酒に頼らない忘れ方を勧めている。

(2008年2月29日 読売新聞)


アルコールを摂取することで、恐怖の記憶が呼び覚まされるという結果には驚きました。
冒頭の会話ではないですが、“お酒=嫌なことを忘れる手段”といった感覚で捉えていた方も多いのではないでしょうか。
私ももちろんそうだったのですが、忘れるどころか、かえって思い出されてしまうとは…。
今後のお酒の飲み方が変わってしまったりして。

でもここで一つ疑問。
記事の最後で、
「~嫌なことを忘れる奥の手は、おぼろげなうちに、楽しい記憶で上書きしてしまうこと」と酒に頼らない忘れ方を勧めている。
と、ありますが、お酒を飲むことそのものが大好きで“楽しい”と思う場合は、楽しい記憶として、嫌なことを忘れる手段になるのでしょうか?


お酒好きな人に今回の結果はちょっと悲しいですからね(笑)。