FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
出来ることなら避けたい膝や股関節置換の手術。
もしせざるを得ないのだえれば、勝負は一回で!!


膝や股関節置換術は繰り返しで効果が低下

〔米オハイオ州クリーブランド〕クリーブランド・クリニック整形外科のKenneth Marks博士は,整形外科インプラント手術では,初回手術に比べて再置換術は時間がかかるうえに寿命(インプラント期間)が短いとCleveland Clinic Arthritis Advisor(2007; 6)に発表した。

 同博士は,股関節や膝関節における再置換術の理由として,おもに骨溶解によるインプラントの緩みと痛みに加え,インプラント感染,骨の不適当な内方成長,脱臼,骨折を挙げる一方,初回インプラントの寿命20年以上に対し,股や膝の再置換術は8時間もかかる半面,寿命が8~10年しかないとしている。

 米国では,関節置換が流行しており,毎年50万件の手術が行われていると見積もられている。
[Medical Tribune 2007年5月31日 (VOL.40 NO.22) p.11]




ひざや股関節の不調で当院へ来院される方の多くは、「手術をしたくないので何とかよろしく」という想いでいらっしゃっていただいております。
アメリカでは関節置換が流行しているようですが、出来ることなら手術しないで回復したいですよね。
その想いに応えるよう日々頑張っております。