FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです

2006/01 |  12345678910111213141516171819202122232425262728 | 2006/03

注目記事は、睡眠について。

男性13%は無呼吸症候群 京大助教授調査の推定値

 成人男性の3分の2は睡眠中に呼吸停止を繰り返して熟睡できない睡眠呼吸障害(SDB)で、日中も過度の眠気で生活や仕事に支障をきたす睡眠時無呼吸症候群(SAS)は13%という推定値を角谷寛京都大助教授(睡眠科学)らが6日までにまとめた。
 大阪府の会社の男性社員約180人を対象にした調査に基づき推計。勤務時間や仕事内容は比較的規則的で、結果は一般化できるという。
 過去の調査に比べ、SDBは3倍近く、SASは3-4倍。角谷助教授は「国内で数百万人の男性がSASになっている恐れがある。交通事故を起こす可能性が高いとの報告もあり、対策が必要だ」と話している。
 角谷助教授らは、1人当たり1週間かけて問診をしたり睡眠の様子を調査。1時間の睡眠中に10秒以上呼吸が停止したり低呼吸だった回数を調べると、5回未満の正常者は33%だけだった。(共同通信)


睡眠は、健康生活のためにはなくてはならないもの。
その睡眠が、うまく行えていない実態が明らかになったと言えるのではないでしょうか。
栄養はとりあえずは不足分をサプリメントで補っていけますが、睡眠はそうもいきませんよね。

良質な睡眠を獲得するための第一歩は「呼吸」のトレーニングから・・・といったところでしょうか。