FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです

2019/05 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2019/07

盛岡市内にもチラホラと桜が咲き始め、

ようやく春がやってきた・・・と思っていたのですが、

今日は随分と寒い一日でした。

院内は、エアコンと石油ファンヒーターで、

暖房はフル回転でした~

さてさて、

体の温めアイテムとして、

カイロは重宝しますが、

カイロよりも温熱シートの方がおススメですよ。

直接的な温度は、カイロの方が暖かいですけど、

温かさの浸透具合や、その後の持続をみると

温熱シートに軍配が上がるかな~と。

少しばかり値は張りますけどね、

良い感じで温まりますよ。




気温も下がってきて、自然と話題に上る事が多くなってきたのが

「冷え」について。


貼るカイロや機能性のインナーなども活用しながら、

手足の冷えは防げているという方でも、

胸が冷えてしょうがないという声もよく聞きます。

一般的に冷えを感覚しやすい手足については

しっかり保温出来ている状況でも、

胸に冷えを感じてしまう要因のひとつとなるのが、

『くち呼吸』です。


外気温が下がっている中で、

呼吸によって冷たい空気を体内に取り入れる場合、

通常、鼻呼吸では、

吸いこんだ空気が、鼻腔を通過して胸に到達する頃には、

ある程度の温度に暖められているものですが、

くち呼吸の場合では、

空気が暖められることなく口腔から胸に到達するので、

冷たい空気によって、内部から冷やされてしまうのです。

もちろん、鼻呼吸でも、あまりに気温が低いと、

鼻がツンとして痛くなることもありますが、

くち呼吸で吸い込むよりは、体へのダメージは少ないものです。


胸が冷えると感じる方は、ご自分の呼吸に注意してみてくださいね。

それから、マスクをするだけでも、予防効果はありますので、

対策の一つとして活用してみてください。
体温が、平熱で35℃台のいわゆる「低体温」の方々から、

嬉しい報告が続いています。



昨日いらした女性は、

これまでも運動をされていたのですが、

生姜をとるように心がけて、36℃台に突入!!

おめでとうございます。


本日いらした女性は、運動に加えて、

足湯を行って5週間目で、これまでの35℃前半の体温が、

36℃をコンスタントに超えるようになってきたとのこと。

おめでとうございます!!



こうした声をいただく中、

当院の施術がどれぐらい貢献できているのかは

定かではありませんが、

確実に言えることは、

それぞれに「これだ!」と思う方法を、

前向きに取り組み続けた結果であるということ。

「低体温」の克服の大きな障壁となる

「生体恒常性」という、

やっかいなシステムもありますからね。

「生体恒常性」によって「低体温」に設定されている状態から、

その書き換えを実現する上では、

大なり小なり、身体的に不安定な時期を経過するものですが、

それを乗り越えたみなさんの頑張りに敬服いたします。



Sさん、Yさん、ホント、よかったですね。
いつまでも、冷え知らずの熱い男で、ありたいものです。


冷え 男性も油断大敵 夜更かしやめ生活改善


 寒さが身にしみる季節になった。女性はそろそろ冷え症対策に本腰を入れるころだが、男性にとっても冷えは健康の大敵だ。全身の機能が落ち、肌荒れ、下痢など男性も体の不調が起きる。若い男性も例外ではなく、専門家は「夜更かし型の生活リズムを改めるなど気をつけて」と注意を呼びかけている。(草下健夫)

 ■50過ぎから自覚

 ネット調査会社「アイシェア」が冷え対策について20~40代の男女544人に聞いたところ、体の冷えを感じることがある人は女性86・2%、男性61・5%で、男性も6割に上った。しかし、このうち何らかの対策をしたことがある人は女性62・5%に対し、男性は28・8%。男性も冷えを感じているものの対策を取っている人は少ない。

 「50歳を過ぎたころから男性も自覚するようになるが、『冷え症は女性のもの』という意識や恥ずかしさなどから言いにくく、潜在化している」と指摘するのは、北里大学東洋医学総合研究所漢方鍼灸(しんきゅう)治療センターの伊藤剛・副センター長。

 女性はホルモン分泌が複雑に変化するため、自律神経が乱れ、冷え症になりやすい。しかし、「男女を問わず、年を取ると新陳代謝が落ちて血行が悪くなる。自律神経の反応が落ち、熱が奪われる。皮下組織が薄くなるなどで熱が逃げやすくなる」(伊藤副センター長)。

 ■若い世代も注意

 20~30代の若い世代でも、自覚していない“隠れ冷え症”がいるという。若い男性はシャツのすそをズボンから出すなど、ファッションが原因のケースも多いという。

 伊藤副センター長は「若い男性に多いのは体全体が低体温になり、自覚しにくいケース。内臓が冷えると全身の機能が落ちる。若くても風邪をひきやすい、昼間も元気が出ない、眠れないなどの影響も出てくる」と説明する。働き盛りの男性はオフィス生活による運動不足やストレスが冷えの原因になりやすい。ストレスを抱えた状態では自律神経の反応が鈍く、寒さを感じにくくなるという。

 男性でも冷えを放っておくと、肌荒れ、下痢、かぜなどの不調が起きる。さらに、免疫機能が落ち、さまざまな病気の引き金となり、「冷えは万病の元といわれる通り」と伊藤副センター長は話す。

 対策は、夜更かし型の生活リズムを改め、深酒を控える。運動や厚着をして体を温めることなども有効だ。トウガラシやショウガなどを食事に取り入れ、体を温めるのも効果的という。伊藤副センター長は「冷えは女性の専売特許のようだが、昔は男性の病気の原因の重要な要素とされていた。男性も自覚を」と呼びかける。

 ■冷え症のタイプ

 北里大学東洋医学総合研究所漢方鍼灸治療センターの伊藤剛・副センター長によると、冷え症のタイプは、(1)手足の先が冷える「四肢末端型」(2)座りっぱなしの姿勢などが血流を悪くする「下半身型」(3)手足が温かいため、気づきにくい「内臓型」(4)体の中で温度差がなく実感できない「全身型」(5)神経系や循環器系の障害による「局所型」-に分類できる。このうち男性に多いのは、下半身型、全身型だという。
(11月24日 産経新聞)




冷えに関連してのおすすめ本です。

体温を上げると健康になる体温を上げると健康になる
(2009/03/16)
齋藤 真嗣

商品詳細を見る



まずは、ご自身の体温のチェックからどうぞ。
なんだか、カラダが最適な状態よりも冷えていると、

ココロに余裕がなくなってくるような気がします。


冷えは、ココロのあり方も変えてしまうのかもしれません。


カラダが冷えた結果、ココロまでも冷たくならないようにしたいものです。