FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです

2019/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2019/09

息を吐くたびに、

首に力を入れて

ノドをしめる習慣のある方が

多くなっております。

吐くことはリラックス。

ノドをしめていたら

リラックスからは遠ざかる。

ノドはただの空気の通り道という感覚で

余分な力を抜くようにいた方が

自然ですよ。


最近は、

長距離を走る際のフォームや動作について

さまざまな方法が言われていますね。

例えば

接地に関しても

かかとから着くとか、

フラットがいいとか・・・


腕振りについても、

肩甲骨を上下させない方がいいとか、

腕を引いた時に肩甲骨が上へ動いて

前方に腕を振りり出すときに

肩甲骨が落下することも推進力に変えるとか・・・


どのように動くかという点については、

個々に合わせてというところが

原則としてあるんでしょうけど、

走り方ひとつで

上記のような異なった理論や動作方法が

あれこれ飛び交っている時代ですから

指導する側もされる側も

すごく大変だろうな~





呼吸の主役は横隔膜です。

横隔膜は、息を吸う時、収縮し

息を吐く時には、弛緩します。

息を吐くことは、リラックスにつながるとよく言いますが、

それは主役である横隔膜が

吐く時に弛緩することと相関します。

つまり、息を吐く力とは、脱力する力。

一生懸命、力を込めて息を吐くことを頑張っても、

リラックスからは遠ざかってしまいますので

くれぐれもご注意くださいませ。



ヒトの姿勢のバランスが崩れてきたとき、

そこには何らかの理由で余分な力が入っているものです。

そのため、多くのヒトにおいては、

余分な力が脱力されていくと、

自然体の姿勢に近づきやすくなります。


ところが、意識的に良い姿勢を作ろうとするとき、

背筋を伸ばすにしても、

骨盤を立てるにしても、

胸を張るにしても、

どこかに力を入れて

良いとされる姿勢を作ろうとしていませんか?

良い姿勢を作りたければ、必要なのはその逆です。

力を抜いていくことで

良い姿勢になるのです。

どこかに力を入れていい姿勢を作るのではなく、

力を抜いたら、良い姿勢が現れるという方が

望ましいと思います。







きちんと立てる人とそうじゃない人

きちんと座れる人とそうじゃない人

この違いをうむ共通の理由の一つ、

それは、きちんとしゃがめるかどうか。


椅子の生活になってから、

私たち日本人の足腰の身体感覚は、

希薄になり、失われたという説があります。

洋式トイレの普及により、

それに拍車がかかったとする説もあります。


いずれにしても、

生活様式の変化の中で失われていった

しゃがんで何かをするという習慣。

ここに、その違いがあるんだな~