FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
本日の施術の一コマより。


身体の調子が悪くて、自分がやりたいことがやれないって

本当にストレスがたまるものです。

そんな時に、家族などに頼んでやってもらいたくても、

正直なところ、

思ったようにやってもらえなかったりすることも、あったりするわけで、

それはそれでストレスになることもありますよね。

人間ですから、そういう感情になることだってあるわけです。


でも、自分の身体の調子が良くなって、

掃除でも、片付けでも、買い物でも

やりたい時に、やりたいことがやれるようになった喜びって、

それまで自分を縛っていた制約から解放された充足感とともに、

自分を取り戻していく感覚と重なるんですね。


股関節や腰の症状がひどい状態から、

どんどん動けるようになって、

今日は、脚立の上で作業したという話まで聴かせていただけて、

この仕事をさせていただけていることに、感謝!!





“不調がなくなれば健康になる”



“健康になるから不調がなくなる”


どちらの立ち位置で見つめるかで、

大きな違いだな~







感情

感情は、

身体感覚に名前をつけたもの

とも言えます。


脳科学的には、

湧き上がった感情は

90秒ほどで

自然に消えるそうですが、

いつまでも引きずってしまう事も

ありますよね。


それは、

感情を思考の渦に取り込んでしまうから。

放っておけば勝手に消えていく感情を、

グルグルと思考の渦に入れて、

エンドレスへ。


感情を思考の渦に取り込んで

現在進行形で

グルグル回し続けている状態の身体や

過去のそうした「感情+思考」を

奥底に抑え込んだ身体は

単純にコリを緩めるとか

骨盤や背骨を矯正することでは、

なかなか変わらないもの。


最近、

心理療法ではなくて

あくまで手技で

そういう身体の動かし方の

ヒントがつかめてきた、気がします。


深めていこう!








摩擦

今日は割と天気もよかったので

自転車でブラブラ。

自転車が前に進んでいくのは

タイヤと地面の間に摩擦があるから。

ブレーキをかけて止まるのも摩擦があるから。

進むにしても止まるにしても、

摩擦という抵抗の力のおかげ。



摩擦が少ない方が

スムーズに気持ちよく走れる。


でも

冬のツルツルに凍った路面が走りにくいのは

摩擦がないから。

摩擦が全くないのも、

前に進みにくいんだな。


日々の生活も同じだな。


「みる」には

見る 観る 視る 診る 看る・・・

とたくさんありますが、

これらは、

どういう立場で「みる」のかで、

変わるものなのだろう。


その中で、

「みる」ということを

きちんと成そうとするならば

「変化に応じる」ということを持ち合わせた態度でないと

「みる」ということにならないんだろうな~。